吉田豪「豪さんのポッド」

■第7回『豪さんのポッド』用語解説

※【 】内は“何分何秒頃の発言か”を示しています。

★「マンガ地獄変」 【2分10秒頃】
1996年に水声社より刊行され、豪ちゃんがダークサイド・オブ・梶原一騎に光を当てた伝説のムック。植地毅、宇田川岳夫、大西祥平という錚々たる顔ぶれが墓場からひきずりだしたトラウマ/カルト系マンガの数々はコアなマンガ読みを狂喜させ、その後も第2弾『タイマン!男魂マンガ高校』、第3弾『トラウマ・ヒーロー総進撃!』と続いた。なお、本書を編集したのはモー娘。関連で有名になる前のビバ彦さん。

★「キングコング好き」 【3分10秒頃】
さいとうたかをと同じくキングコング好きとして有名な芸能人といえば、映画第1作が公開された1933年生まれの芦屋小雁。自身のブログによると今回のピーター・ジャクソン版映画は、概ね満足ながら「あんまり女の子との関係を出してほしくなかった」模様。

★「マージナルマン」 【5分05秒頃】
リリーさんが構成作家として参加/出演していた深夜のコント番組。
他の出演者に、かとうけんそう、宍戸留美らがいた。
1992年4月~7月、TBSテレビで放映。

★「Qlair」 【6分45秒頃】
1991年7月、シングル『瞳いっぱいの夏』でデビューした乙女塾4・5期生の今井佐知子、井ノ部裕子、吉田亜紀からなる3人組アイドル。先日発売された3CD+1DVDのコンプリートベスト盤「アイドル・ミラクルバイブルシリーズ Qlair Archives」には、12年ぶりの新録音「永遠の少年」が収録されている。
ちなみに吉田亜紀がDJでスピンしていた『The Orb』は、アレックス・パターソンを中心とするアンビエント/ダンスミュージック界の重鎮(3年前、プロモビデオでドラえもんとコラボしたのには驚愕!)

★「Nav Katze」 【8分00秒頃】
80年代より女性3人組ギターポップ・バンドとして活動し、1991年に『歓喜』でメジャー・デビュー。のちに古舘詩乃(Dr)が脱退し、飯村直子(G,Vo)と山口美和子(B,Vo)のユニットとなってからは次第に音楽性をテクノ寄りにシフトしていった。エイフェックス・ツイン、オウテカ、ブラック・ドッグ、μ-Ziqといった海外の大御所らによるリミックス集『Never mind the distortion』あり。

★「リトル・フランキー」 【11分15秒頃】
1975年に全日本女子のミゼットプロレス(小人プロレス)に入門し、身長112cmの“小さな巨人”と呼ばれ、WWWA世界ミゼット、初代WMA世界統一ミゼットチャンピオンなど数々のタイトルに輝くほか、Little Army Rockers名義のシングル『ポ・ケ・バ・イ・ブ・ギ』(作曲は後藤次利)など幅広い分野で活躍。2002年に他界。享年44。
リリーさんのペンネームは、この方の名前を「日本人か外国人か、男か女かわからないように」もじって付けたもの。
2人は石井輝男監督の『盲獣VS一寸法師』にて共演を果たしている。

★「バクシーシ山下」 【15分50秒頃】
鬼畜系から社会派まで数々の問題作を撮影したAV監督。
代表作にして出世作の『女犯』は、凄まじいレイプシーンがもとでフェミニズム団体から抗議を受けた作品として有名。著書『セックス障害者たち』は名著。

★「美少女仮面ポワトリン」 【18分45秒頃】
高校生のユウコは初詣の神社で神様と名乗る老人に出会い……。
1990年1月~12月、フジテレビ系にて放送。「愛ある限り戦いましょう!」のキメ台詞を筆頭に浦沢義雄の脚本も冴え渡った、東映不思議コメディーシリーズ中1、2を争う人気作。
ちなみに、豪ちゃんの著書『元アイドル』にはヒロインを演じた花島優子のインタビューも収録。

★「リリーくん」 【19分15秒頃】
肩書きの多いリリーさんのイラストレーター仕事の中で最も有名なキャラクター。近年はアニメ化された『おでんくん』も大人気。

★「ロフトプラスワン」 【21分10秒頃】
音楽のライブもたまにやっているが、SMから政治まで多種多様なトークイベントを日替わりで毎夜開催する新宿・歌舞伎町のライブハウス。トークライブ時には居酒屋形式で営業しており、観客の飲食代が出演者のギャラに還元されるスタイルも異色。
数ある人気イベントのなかでも『スナック・リリー』は、メールによる抽選で当選しないと観覧できず入場券はプラチナチケット化するまでに。
大槻ケンヂ、杉作J太郎、島田洋七など数多くの著名人も独自のトークイベントを行っていて、豪ちゃんも『ターザン山本と吉田豪の格闘二人祭!!』でMCを担当。
しかし、先日の『二人祭』では、“あること”がキッカケで共演者のターザン山本が「俺はもう二人祭やめる!」とイベント中に突如宣言&退出するという波乱が!
果たして次回開催はどうなるのか…? ファンや関係者の間では話題となっている。
◆ロフトプラスワンHP
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/

                           (解説:照山紅葉)

2006/02/19 (日) アニメ・コミック, ウェブログ・ココログ関連, リリー・フランキー, ロフトプラスワン, 吉田豪, 映画・テレビ, 書籍・雑誌, 照山紅葉, 用語解説, 芸能・アイドル, 豪さんのポッド | | トラックバック (0)

番組提供

アティック・アーケード

カレンダー

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

モバイルSPA!限定版

モバイルSPA!で『豪さんのポッド』限定版トークを配信中!テキスト版も有ります。

モバイルSPA!QRコード

メール募集中

番組では皆さんからのメールをお待ちしています。質問・感想・要望・芸能人の目撃情報など大募集中。また「音源のなかでCMを流したい、当ページにバナー広告を載せたい」という店舗・企業・広告代理店の方からの御相談も承りますので是非ご相談下さい。なお、吉田&秦野(照山)両氏への仕事の依頼・メッセージは常時本人に転送しております。

メールはコチラ

airplug

= airplug番組紹介 =

▲スーパーベルズの鉄分100%鉄道番組

▲露苦馬鹿高等学校軽音楽部はこちらから

▲ROUND TABLE・北川のネオ渋谷系ユルトーク

▲ヘヴィ・メタル情報満載!和田誠の劇的番組

豪さんのポッド

プロ書評家にして史上最強インタビュアー・吉田豪のポッドキャスティング(無料)。
時事ネタ、取材した有名人のイイ話、書評、ゲストトーク…
吉田豪と照山紅葉が繰り広げる“コクの深~いトーク”に悶絶必至!

プロフィール

吉田豪&照山紅葉

吉田豪(よしだごう・写真右)

1970年生。プロ書評家&インタビュアーにして、現在、雑誌・新聞などでの連載数が20を超えるライター。主な著書は『バンドライフ』、『hon- nin列伝セキララなオンナたち』、『続・人間国宝』、『吉田豪のセメント!!スーパースター列伝』、『元アイドル1&2』、『人間コク宝』、『男気万字固め』。また日本テレビで放送中の『およよん』、TBSラジオで放送中の『小島慶子 キラ☆キラ』ほか、テレビ・ラジオ出演も多数。新宿ロフトプラスワンで行われるトークライブ『格闘二人祭!!』、『Jさん&豪さんの世相を斬る』、『松野大介×吉田豪 芸人&業界人トーク』では司会も務める。最近では単行本のプロデュースも手掛けるなど多方面で活躍。

全レギュラー仕事はコチラ

照山紅葉(てるやまもみじ・写真左)
1968年生まれ。ライター。下井草秀とのユニット「ダミー&オスカー」 としても『TV Bros.』に連載中。

ココログ

ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、番組が更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。詳しくはこちら

※このプログラムはニフティ(株)の「Podcasting Juice」の協力で提供されております。